津山保育園|ニュース

夏の遊び(白組編)

ニュース

  白組が砂場に水を入れて、泥んこ遊びをダイナミックにしました。

 今年度は、新型コロナ感染症対策として、プールに水を溜めての活動が出来ませんが、各クラス工夫をして、子ども達が水としっかり触れ合えるように保育をすすめています。

 白組は、砂場に水を入れて遊び込むことで、乾いた砂と濡れた砂の感触の違いを感じました。自然現象の変化に触れる機会を積極的に持ち、みんなで一緒に話し合い、考える機会も設定しています!
 白組は筆を使って自由に色を選んで、好きな絵を描く時間も楽しんでいます。


『濡れてない砂はさらさらするな~!』『川が出来たから、橋を架けよう!』


『みてみて~たくさん遊んだ証です!』


『飼育中のクワガタムシを描こう!』 『自由に表現するって楽しい!』

ページの先頭へ