保育目標

  保育目標
  
         子どもを健康でこころ豊かに成長させるために、
                                     次のことを基本目標として保育を行います


    ◎心身ともに健康で丈夫な子ども

    ◎豊かな生活経験の中から基本的生活習慣を身につける子ども

    ◎遊びを豊かにし、遊びを通して友だちを大切にできる子ども

    ◎よく見つめ、よく考えて行動し、最後まで頑張れる子ども


   ≪一人ひとりの健やかな成長を願って≫
    
    ★ 
リズム・・・『感情豊かに』 
         体育教室・・・『しなやかな身体づくり』
             
                     リズムに合わせて身体を動かし、普段使わない筋肉をしっかり

       使います。そのことによって、しなやかな身体、リズム感覚、
                    表現する
力が養われます。

  ★ 自然・・・・・『子ども達は戸外遊びが大好き』
       子どもは自然の中で育つことで、美しさに感動しながら心身
                       の発達が促されます。園庭の中の自然、近くの鶴山教室など
                       季節の変化を感じ、身体と感性を育てます。


   ★ 言葉・・・・・・『話をしっかり聞く、しっかり話す』
       人の話を聞く態度を習得していくことは、大変重要です。
                         乳児期からの積み重ねで人への親しみの気持ちや
                         相手を共感する心を育てます。毎日の「朝の会」を
                        大切にしています。


   ★ 給食・・・・・・・『食べる事は生きること』
        しっかり噛んで食べることはとても大切です。
                         季節感のある新鮮で豊富な食材を使い、味付けは
                         薄味で手作りをモットーに「楽しく食べる事」を
                        大切にしています。そして栽培・クッキング
                       などの活動を通じて食に興味・関心をもたせます。

ページの先頭へ