津山社会福祉事業会とは

津山社会福祉事業会の理念と経営方針



【基本理念】

津山社会福祉事業会は、利用者が必要とする多様な福祉サービスを総合的に提供し、地域福祉の推進に努めます。


【経営方針】

1.利用者主体の事業体づくり
  地域社会の一員である利用者の意思を尊重し、
  一人ひとりのニーズに応えられる事業体づくりを進めます。

2.コンプライアンス
  法令等にもとづく透明性の高い運営を行い、
  地域から信頼と理解が寄せられる健全な法人を目指します。

3.人材育成と専門性の向上
  人権擁護の担い手として、利用者主体の支援ができる幅広い視野をもち、
  専門性の向上を目指す職員の育成を図ります。

4.地域への貢献
  情報公開に努め、地域社会の福祉資源として関係機関と連携し、
  地域に開かれた事業を着実に進めます。

5.事業の継続と発展
  質の高い総合的な事業を継続的に提供し、
  発展的で活力のある法人経営に努めます。

    津山社会福祉事業会 理事長 戸室 敦雄






 定款について   ←(クリックして下さい)


 役員等の報酬等に関する規程について  ←(クリックして下さい)